真面目に働いている人なら特に問題なし

銀行カードローンがどういった審査基準を持っているのか気になりませんか?

 

これを前もって知っておけば、問題なく審査を通る事ができるでしょう。知っていると知らないでは大違いです。以下の通り、借り入れをできるようにするまで、銀行カードローンには3点の重要な審査基準があります。

 

収入調査

 

審査を受ける方の収入は必ず審査・確認されます。お金を貸す銀行側も、貸した相手が必ず返済をしてくれる人でなくては困ります。

 

その返済の過程においても、遅延をしない人や踏み倒しをしない人を選ぼうとします。よって、安全性も踏まえてどうしても高収入の人を審査に通しやすくなってしまうのでしょう。

 

勿論、低収入だからといって通さないわけではありませんが、返済能力がちゃんとあるかをしっかり見極められます。

 

安定収入の有無

 

現在の仕事柄、その継続勤務期間を審査されます。仕事柄に関して言えば、例えば公務員の方のような毎月安定収入を得ている人等は一般的に審査を通りやすい傾向にあります。

 

公務員ならばよほどの事がない限りは職を失うといった事はありませんから、貸す側も安心なわけです。もしキャバクラといった仕事をしている人の場合等は、高収入を得る機会があろうとも、収入が不安定な為、その逆が言えるでしょう。

 

尚、継続勤務期間は、6ヶ月以上が望ましいでしょう。返済において、しっかり長期的にそして堅実に働ける人かどうかを見られます。

 

ローン残高の確認

 

既にのカードローンによる借り入れの有無や、住宅ローンといった様々なローンの残高を審査されます。当然のことながら、これが多いとより高い返済能力が必要になります。

 

残念ながらこれは審査の通過にマイナスの影響を及ぼします。何故ならば銀行側も、それらのカードローン返済の為に、新たなカードローンに入ろうとしていると認識せざるを得ない為です。

 

とはいえ、これは銀行側だけのための審査ではありません。審査を受けた人がカードローン地獄に陥らないようにする為でもあります。借金を借金で返すことのないように、という事です。