フリーターでもカードローン審査に通るふたつのコツ!

急な出費などに備えて、ひとつは申し込んでおきたいカードローン。

 

けれど、お金を借りるわけですから当然審査が存在します。フリーターの方、収入が安定しない職業の方にとっては、この審査が最大の山場。審査落ちしてしまって、二度と申し込めなくなったらどうしよう?と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに少し前までは、キャッシング、カードローン、またクレジットカードなどの審査に通るためには、正社員でなくてはいけないとされていました。

 

しかし、近年の社会におけるフリーター、派遣社員などの増加を鑑みて、特に銀行系カードローンでは幅広く受け入れているところが増えているのです。

 

大切なのは「安定した収入」

 

比較的審査に通りやすい銀行系カードローンですが、大切な要素はやはり安定した収入です。

 

カードローンの審査とはつまり「返済能力があるかどうか」を見極めているのですが、定期的にある程度の収入を得ている方であれば、フリーターや派遣社員の方でも返済能力を認められて審査に通る可能性が高いのです。

 

正社員ではないからといって諦めるのはまだ早いです、数年間に渡ってきちんと定期収入を得ていることを証明しましょう。

 

年収欄には総収入を記入しよう!

 

申込書に必ず存在する、「年収」の欄。掛け持ちでアルバイトしているフリーターの方やなどは、どう記入したらいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

 

この欄には、必ずすべての仕事の合計収入を記入しましょう!もしもメインの仕事ひとつだけに絞って記入してしまうと、当然年収としては低めの金額になってしまうので、審査において不利になったり、仮に審査に通ったとしても利用限度額は最低ラインに設定される可能性が高いです。ダブルワーク、トリプルワークの方はくれぐれも注意してください。