銀行のカードローンを契約する際の注意点

銀行のカードローンを選ぶ際に注意したいことといえば金利です。

 

誰でもできるだけ低金利でローンを組みたいと考えますよね。しかし、カード会社によって規約が異なりますから、単純に金利だけで判断し契約するのは危険です。

 

というのも、借入する金額により金利の適用幅が異なるからです。銀行のカードローンですと、低金利なものは、利用限度額(借入額)が高い場合に適用されます。ローンの金額が低い場合には、それなりに金利は高くなります。

 

カードローン利用する際の金利の例

 

モビットを例に説明しましょう。モビットの場合には金利は4、8%〜18%と幅があります。最低は4.8%ですが、これは利用限度額が高額なローンを組んだ場合です。

 

例えば最低金額の5万を借入したとしたら、金利は18%となります。銀行カードローンを利用するとした場合にはまず、自分がどの位の金額を借り入れる予定でいるのか、その借り入れ予定金額で実際の金利はいくらになるのか、どこの銀行での借り入れが一番金利が安いのかなどを事前に調べてみることをお勧めします。

 

銀行の低金利カードローンにする場合、誰しも低金利を選ぶ基準にされるとは思いますが、自分の目的に応じた借り入れをした場合に、金利がどの程度高くなるのかなど、借り入れる金額の可能性を想定して調べておくことが大切です。

 

カードローン選びは各社の金利を見て選ぶ

 

どこのカードローンにするのか決めてしまう前に、インターネットを利用して各カードローン会社の金利を見比べてみるのもひとつの方法です。

 

それぞれの会社で借り入れた場合の金額ごとの金利を簡単に確認できるので、比較・検討がしやすくなります。一部のローン会社によってはホームページ上に金利の記載のないところもあるようです。

 

その場合には仮審査を受けてみるのもひとつの方法だと思います。仮審査はあくまでも”仮”ですので気軽に審査ができますよ。