主婦の人や無職の人はカードローンは持てないの?

収入がない人がカードローンをもてるわけがない。そう思っている方は多いでしょう。では、主婦の人や無職の人がカードローンを作ることは絶対に無理なのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。よくよく探すと『主婦の人や無職の人であっても、一定の収入があれば融資してくれる』カードローンが意外にも存在するのです。

 

収入があれば無職の人でも融資が可能な場合も

 

この場合、無職でも収入がある人とは具体的にどういった人の事なのかをご説明します。

 

例えば、アフィリエイトやホームページ運営、株取引や、その他の在宅ワークをしていたりして、それらにより一定の収入を得ている場合です。これらは会社等の組織に属していなくてもできるものです。

 

また、今は無職であっても、将来的に働く予定や働く意思がある人もカードローンが作れる場合があります。派遣会社等に登録済みであったりすれば、それにあてはまることになります。

 

その他休業中の場合でも、カードローンは作れる見込みがあります。加えて、実は年金収入のある場合でも申し込めるできる場合もあるのです。

 

但し、そういった条件下でも申し込めるカードローンはごく一部であり、カード会社も年齢制限(60〜70歳)を設定しているので、楽観はできません。

 

自分が無職の場合でも配偶者や世帯主の収入証明で借入れできる場合もあり

 

仮に自分自身が無職であっても、配偶者や世帯主、親権者に収入があって、それを証明する事ができるならば、カードを発行してくれる可能性はあります。

 

なので、この条件を満たせれば無職の主婦の人でも、カードローンに申し込む事ができるでしょう。しかしその場合でも、ご主人の収入証明書等、各種書類の提出が必要になりますので、ご主人や家族に秘密でカードローンを作るのは難しいでしょう。

 

つまり、確かに一定の条件をクリアできれば無職の人でもカードローンは作れるわけですが、それらはハードルが高く、あまり現実的ではないと言わざるを得ません。