専業主婦でも持てるカードローンとは?

全く所得のない専業主婦は、消費者金融系カードローンの利用はできません。消費者金融は貸金業法改正によって導入された総量規制の対象となっており、貸付を行う際は年間所得を調査し、その3分の1までの融資しか行ってはいけないと定められたからです。

 

従って、無収入の専業主婦の場合は消費者金融では受け入れ不可能ということになり、カードローンを所持することもできなくなりました。

 

また、もしも配偶者貸付を希望する際は、必ず配偶者、即ち夫の同意を得ていなくてはならないという規則も設けられました。これはつまり、主婦が夫の年収などを提示してカードローンに申し込む制度を活用する際は、夫の同意があることを証明する書類も同時に提出しなくてはならないということです。

 

申し込みの際は夫の収入証明書はもとより、夫との婚姻関係を証明する書類も必要ですし、その上夫の同意書も併せて提出を求められるのです。

 

こうした書類を一式揃えることはとても面倒ですが、それより大きな問題は、夫には秘密でカードローンを持ちたいと考える主婦の方は、秘密にしたままでは消費者金融系カードローンは作れないという事実でしょう。

 

専業主婦も申し込める銀行系カードローン

 

一方、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと違い、専業主婦の方も受け入れています。

 

銀行は貸金業法の総量規制の対象ではなく、銀行法という別個の法律で営業ルールが決められているから可能なのです。もしも専業主婦の方でカードローンのご利用をお考えの方は、銀行系のカードローンが断然おすすめです。

 

銀行系カードローンならば知名度の高い大手のカードローンも数多くありますから、できるだけ信頼性や安心感を重んじてカードローンを選びたいという方にも最適なのです。