主婦のカードローン利用、どのように審査されるの?

主婦がカードローンを利用する場合は、どのような基準で審査が行われるのでしょうか?

 

審査の際に重視されるのは、一般的なカードローン利用時と同様 “収入”です。

 

収入があれば返済能力があると認められますから、やはり主婦の方でも、パートなどでの安定収入があると、審査に通る可能性が高まります。

 

専業主婦のカードローン利用は困難

 

一方、専業主婦のカードローン利用は困難、その理由は、総量規制により、借入は年収の3分の1以下と定められたことで、収入のない専業主婦は(総量規制の対象外である銀行系カードローンは利用可能なものの)消費者金融系のカードローン利用ができなくなってしまったのです。

 

消費者金融で配偶者貸付を利用するという手もありますが、基本的に専業主婦の方でカードローン利用したい場合は、銀行系カードローンを利用するほかありません。

 

何れにせよ、収入のない専業主婦のカードローン審査で重要となってくるのは、“配偶者の収入”です。利用者本人の収入がない場合は、“配偶者の収入・信用度”によって返済能力が判断されるわけですね。

 

ですから、(収入のある)配偶者が過去に返済の滞納・遅延をしていたなどした場合には、審査に通ることが更に難しくなるでしょう。このように、専業主婦の借入は決して簡単ではありません。

 

専業主婦専用カードローンが登場してきている

 

ですが、このところは“配偶者の収入証明書の提出は不要”といった、柔軟な専業主婦専用カードローンなども登場していますから、あきらめず、自分でも利用できそうな商品をさがしてみることをお勧めします。

 

ただし、短期の間に多数のカードローンへの申請をするのは、(それだけで印象が悪く)その後のカードローン利用に悪影響となりかねませんから、やたらと複数のカードローン審査に申込むのは止めた方が良いでしょう。