カードローンはパート主婦にも持てる?

2010年の総量規制の法律制定により、自身での所得がない専業主婦の場合は、消費者金融系カードローンの所持ができなくなりました。ですから、専業主婦の方はカードローンを希望するのであれば、総量規制の対象外である銀行系カードローンの中から選ぶ必要性があります。

 

ただし、それは自分自身で得ている収入は無い状態の、専業主婦の方に限定した話であり、パートなどの方法で安定的な収入を得ている兼業主婦の方なら、消費者金融系カードローンも選択肢に入れてよいのです。

 

たとえ少ない金額であっても継続的に、そして一定ベースの収入を得ている状態であれば、専業主婦や無職の方よりは審査に通過する可能性がグンと高まります。

 

どのカードローンにおいても、申し込み条件として『安定的な収入がある方』という条項を掲げているものですが、消費者金融系カードローンならアルバイトやパート、派遣の方々も、とにかく継続的に安定した収入を得ている方なら就業形態や職種に関係なく申し込めるのです。

 

借入れできる金額は年収の3分の1まで

 

ただ1点把握しておかなくてはならないのは、借り入れできる金額は総量規制の法律により、年収の3分の1までである、ということです。借り入れ希望額がこの条件を満たしていれば、銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンは審査が甘めで、比較的容易に作ることができます。

 

むしろ銀行系カードローンの場合は申し込み対象者を、ある一定の年収金額以上の人に限定しているため、その条件を下回る年収では申し込みしても断られる可能性のほうが高くなるのです。

 

その点、消費者金融系カードローンは申し込みから実際の融資までが非常にスピーディーで、即日融資対応のカードローンも数多くあります。ですから、ご自身に安定的な収入があるというパートなどの兼業主婦の方なら、消費者金融系カードローンに申し込めば急な出費にもすぐ役立つはずです。