そのお金、本当に必要?カードローンを利用する主婦が増加傾向に

最近では誰もが申し込みできるようになったカードローン、その手軽さから借金をする主婦が急激に増えている傾向があります。

 

カードローンの利用は、すなわち借金を負うということをしっかりと頭に入れて自覚することが重要です。

 

いくら手軽にお金を借り入れできるようになったとはいえ、そのお金はいつか必ず返済するものであり、利息を負担し元の金額よりも上乗せして返済しなくてはならなくなることを忘れてはいけません。

 

たった一社から借りるだけ、と軽い気持ちで利用したはいいけれど、返済期日までに返済できずに利息が増し、借金を返済するために新たな借金を重ねるという状況に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

ある会社に返済するために、別の会社から借金をする、というような多重債務になると、そう簡単には抜けられない借金地獄にはまってしまうことになるのです。

 

複数の会社から借金をして手がつけれない場合

 

万が一、多重債務者の状況に陥ってしまった場合は「おまとめローン」を利用して複数の借り入れを集約することも一つの手段です。一つの業者に借金をまとめることによって、返済管理がしやすくなり金利も低くなることもあるため、負担が軽減できる利点があります。

 

しかし、金利が絶対に低くなるという確たる保証はありませんし、元本自体が減るというわけではないのでよく留意しておきましょう。また、個人では返済計画をどう立てても厳しい、という場合には債務整理を行う必要があります。

 

債務整理の場合は、専門家に依頼し借金の総額を減らしてもらうことや、利息のカットなどで、借金自体の返済計画を再度立て直してもらうことになります。

 

返済計画書に基づき、無理なく確実に返済できるように借金を返していくこととなります。このような手段を持っても返済不能という場合は、最悪、自己破産という手続きを踏むしかありません。

 

そうならないためにも、専門家と十分な話し合いをし策を練ることが大切です。