即日融資で利息過払いが起きる、のウソ。

「利息の過払い金があるかも知れません」というコマーシャルが過去に即日融資などの貸金サービスを提供する消費者金融を利用していた人向けに流されています。

 

こなコマーシャルを見ると消費者金融や即日融資に対して不安を感じてしまいますが、これには事実と異なります。

 

過払い金は過去の話、グレーゾーン金利とは?

 

グレーゾーン金利とは、法律で決まっている上限金利を超えて融資をしても刑罰対象にはならないという、法律で取り締まることの難しい金利のことです。

 

このような刑罰非対象だが、違法金利という消費者金融から融資を受けていた方が「利息過払いの対象」になるのです。しかし、グレーゾーン金利は平成18年の貸金業法の改正に伴い廃止されました。

 

その結果、即日融資をはじめとした消費者金融のサービスを安心して利用することができるようになったのです。

 

平成18年(2006年)以前の借入金を確認

 

貸金業法の改正により、消費者金融業界は大きく変化しました。平成18年以前に借り入れを行っていた人は、まずはその当時の借入明細を確認しましょう。

 

どこに保管していたかわからない、という場合でも利用履歴の開示を求めることができます。完済してから10年が経過すると過払い金の返金が時効になってしまうので早めに行いましょう。