派遣社員の在籍確認について事前に準備しておくこと

派遣社員の方でクレジットカードやカードローンを作成しようとした場合に気になるのが在籍確認についてです。

 

在籍確認というのは本当のその会社に所属しているか確認するためにカード会社から電話がかかってくるわけですが、派遣社員というのは厳密には働いているところには所属していません。

 

果たして派遣先と派遣元のどちらに在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか。どちらに電話がかかってくるのかはカード会社によるようですので、どちらに電話がかかってきてもいいように事前に対応しておきましょう。

 

派遣会社に電話がかかってくる場合

 

まず派遣元の会社、いわゆる派遣会社の方に電話がかかってくる場合です。所属自体はこちらということになっているので、派遣会社の方で在籍確認の協力をしてくれそうですが、そういった対応はしていないという派遣会社もあるようです。

 

在籍といってもそこで働いているわけではないので仕方ないかもしれません。もし在籍確認の協力をしてもらえる派遣会社であれば、事前に在籍確認の電話が来ると伝えておくといいでしょう。

 

在籍確認の電話は利用者のことを考えて個人名で電話をしてくれることが多いですが、それだと逆に派遣会社の場合にはうまく伝わらない可能性がありますので、カード会社の名前で在籍確認の電話をしてもらえるように頼んでおくのもいいと思います。

 

適切な対応をしてもらうには

 

派遣先では実際に働いているので在籍確認は簡単そうに思えますが、大規模な会社の場合には、派遣社員の名前まで把握していない場合もあるかもしれません。

 

適切な対応をしてもらうためにも、やはり事前に在籍確認の電話がかかってくるということを伝えておいた方がスムーズに話は進むのではないでしょうか。

 

面倒かもしれませんが、在籍確認は一度だけですし、カードを作成するためには避けては通れないので仕方がありませんね。