自営業の在籍確認は困難。かなりの手間を覚悟する必要があるかも

カードローンなどを利用するのであれ、本当にその会社に所属しているのかを確認するための在籍確認というのが必要になります。

 

会社勤めをしているのであれば、正社員に限らず派遣社員やパートなどでも問題なく在籍確認できますが、会社に所属していない自営業の方はどうやって在籍確認をするのでしょうか。

 

自営業にもいろいろありますが、飲食店や販売店などのように店舗を構えて営業しているのであれば、簡単に証明できますね。しかしプログラマーやデザイナーなどのように、自宅の片隅で作業をしている場合には、取引先しか存在を証明できません。

 

自営業の在籍確認は慎重

 

どんなにきちんと働いているとしても、外から見て何をしているのかわからないのでは、やはり不安に思われるのも仕方ないのかもしれません。

 

なかなか自営業としての証明が難しい場合には、在籍確認も慎重になってしまうため、どうしても時間がかかってしまいます。時間がかかるだけならまだしも、最終的に利用を断られてしまうという可能性も否定できないのが、自営業のつらさでもあります。

 

カードローン会社としても、自営業の場合に在籍確認が難しいことは十分に理解していますので、なんとかそれ以外の方法での証明をしてもらうことになります。

 

例えば営業許可証がある仕事であればそれを提出してもらったり、確定申告書などを提出して収入を証明するなどで乗り切れる場合もあります。

 

取引先に協力してもらってきちんと仕事があることを証明するという方法もありますので、もし協力を得られそうであったら頼んでみるのもいいかもしれません。

 

自営業のカードローン利用は不利なことが多い

 

そもそもカードローンを利用するためには、安定した収入が求められていますので、自営業というのは最初から不利なのです。

 

正社員はもちろん、派遣社員やパートなどと比べても自営業というのはどうしても不安定だという判断になりますので、限度額などもあまり有利な条件では利用できません。

 

自営業でカードローンを利用するのはハードルが高いですが、あきらめずに様々な方法を考えてみることが大切だと思います。