アルバイトの場合の在籍確認のポイント

カードローンを利用する人はさまざまですので、学生や主婦の人でアルバイトをしているというケースも決して珍しくはないものです。

 

学生や主婦向けのカードローンもたくさん登場していますので、利用者の数はむしろ増えているでしょう。このような学生や主婦の人がカードローンに申し込んだ時でも在籍確認は必要となりますが、実は覚えておいた方が良いポイントがあります。

 

在籍確認の連絡は電話で職場にかかってくるのですが、アルバイトの場合には仕事をしている現場で自分が電話を取るということは難しいというケースが多いです。

 

アルバイトの場合の在籍確認はどうすればい?

 

例として、ファミリーレストランのような飲食店で働いているとすると、キッチンやホールスタッフとして働くことが多いので店にかかってきた電話に出るということはあまりないかもしれませんね。

 

店長などのように電話に出る人がある程度決まっているのであれば、その人には電話がかかってくるということをあらかじめ伝えておく、ということがポイントとなります。

 

他の人にはカードローンを利用するということは知られたくないかもしれません。しかし、在籍確認ができなかったことによって借入をすることができなくなってしまうと意味がありません。

 

在籍確認の手続きをスムーズにするには

 

在籍確認の電話は個人名でかかってきますので、もし電話を取る人に伝えていない場合には不審な電話として扱われてしまう可能性もあります。

 

個人情報の保護についての意識も高くなっていますので、そのようなケースも実は多いのです。そうなると在籍確認ができなかったということになってしまいます。

 

したがって、在籍確認の手続きを問題なくスムーズに進めるためには、できるだけ在籍確認の電話がかかってくることをしかるべき人に伝えておくべきなのです。