休職中の在籍確認の注意点

怪我や体調不良で以前と同じように働き続けることが難しくなると、当然収入も心もとなくなります。

 

そのような状態が長く続くと生活も苦しくなってきて、どこかからお金を借りたいと思う方もいることでしょう。しかし、仕事を休みがちであったり休職していたりすると、果たしてそれでも融資をしてくれるところがあるでしょうか。実際には大変難しいことになります。

 

融資する側にとって、一番問題となるのが融資を申し込んできた人が十分な返済能力を備えているのかという点なので休職中など収入がない、あるいは激減している状態だと審査も厳しくなるでしょう。

 

反対に、本人が休職中とはいえ、他からの収入を得ていたり、あるいは配偶者がそれなりの収入を得ているのなら融資を受けられる可能性もあります。

 

休職中の在籍確認は手間がかかる

 

休職中に融資の申し込みをして審査を受ける時にもう一つネックになるポイントとして「在籍確認」があります。申込書には勤務先を記入する欄がありますので申込者は休職している会社名や連絡先を記入し、審査する側はその連絡先に電話をして在籍確認を取ることになるでしょう。

 

会社側は在籍確認の電話がかかってきた場合には「○○(申込者)は休職しております」と回答するでしょうが、「在籍しておりません」と回答される場合だって珍しくはないのです。そんな回答をされると審査はまず通らないでしょう。かといって、会社に事情を説明して協力を求めるのも気が引けます。

 

ですから、融資を希望するなら出来れば仕事に復帰してからの方がのぞましいのですが、休職が長引いたり復帰がなかなか難しかったりして、どうしてもお金が必要な状況なら、まずは消費者金融のサポートセンターなどに問い合わせて相談してみましょう。

 

ほとんどの消費者金融はちゃんと相談に乗ってくれます。そして、どんな形での在籍確認を受けられるのかについて相談しておくと、在籍確認の連絡にも対応がしやすくなりますので、審査にも通りやすくなります。