在籍確認は金融機関によっては自宅にも連絡がある場合も

カードローンやキャッシングなど金融機関からお金を借入する場合には必ず在籍確認が必要となってきます。

 

在籍確認とは、申込者が働いていると申告した会社に、本当にその会社で働いているのかの確認のために電話をするというものです。もし審査に通りたいために嘘の申告をしている場合もあるからです。

 

そのほとんどが会社への在籍確認だけになっているのですが、中には自宅にも確認の電話を入れる場合もあるようです。金融機関の窓口や無人機を利用する場合は、本人は自宅にいないわけですから在籍確認はタイミングが合わなくてすぐにできないこともあるでしょう。

 

しかしそのようなことは消費者金融などの金融機関も理解していますので特に考えなくても大丈夫です。ただ審査まで時間がかかってしまう場合もあるので、急いで融資を希望している場合には固定電話を留守電にしたり、また家族の誰かに自宅にいてもらうようにするとよいでしょう。

 

連絡先を携帯電話にしておく

 

また最近では固定電話を持たない人も多いので連絡先を携帯電話にしておけば、どこにいても電話を受けることが出来ますよね。キャッシングやカードローンはこのように申込書に記入した職場や自宅などの情報が本当なのかを確認しなければいけません。

 

自宅に連絡が行くのはなんだか嫌だなと感じてしまうかもしれませんが、家族など同居人がいる場合で合っても決して社名を名乗ることはなく、またご家族が今は外出していると伝えてくれれば本人が自宅に不在でもそれで確認は取れてしまいます。

 

とはいってもよくわからない人から電話が来た場合には、怪しく思われてしまう可能性もあるので、ご家族には一言伝えておいた方が何かと安心なのではないでしょうか。