借り入れによる多重債務を解決するために行われる4つの方法

キャッシングを複数の会社から行い、返済も複数に渡っていることを多重債務と言います。

 

多重債務の最も大変なことは、借り入れをしている会社ごとに返済日があるので、その日までに返済するお金を用意しておかなければならないことです。

 

ある会社の返済をするために、別の金融会社で借り入れをして補填するというようなことをしている人もいますが、これでは自転車操業に陥ってしまい、先行きは見えています。多重債務でどうにもならない人は債務整理をする必要が出てきます。

 

借り換えローンなどを使い、借金を一本化する

 

多くの金融機関で提供されているサービスのひとつに「借り換えローン」や「おまとめローン」というものがあります。これは複数のキャッシング会社からの借り入れ金を一箇所にまとめ、返済を一社分で済ます方法です。

 

複数から借りるよりも低金利になり、返済日もひとつで良くなるので、借金にかかわる精神的負担や金利の負担を軽くすることができます。

 

債務整理

 

多重債務に陥り、どう頑張っても債務が返済できないという場合には債務整理を視野に入れる必要もあります。基本的に債務整理と呼ばれるものは4つあり、個人民事再生、任意整理、特定調停、自己破産があります。債務整理を行うには弁護士事務所に行き、弁護士に相談しながら進めます。

 

個人再生は自己破産よりもデメリットが少ない債務整理です。個人民事再生が行われると借金が5分の1になり、それを原則3年以内に返していくという段取りをつけます。弁護士から金融機関に通達が行きますので督促などは止まりますが、5年間はクレジットカードを持つことはできなくなります。

 

特定調停は支払いの目処が立つことが条件で、簡易裁判所で行われます。特定調停になると、返済額や期限を債権者と相談しながらできるだけ可能な形にしていく話し合いが持たれます。

 

自己破産

 

債務整理の中で最も重いのが自己破産です。これはどうしても返済ができない場合に資産などを差し押さえられ、財産を処分する形で借金を全額帳消しにする方法です。ギャンブルによる借金は破産対象とはならないケースもありますので注意してください。

 

自己破産によるデメリットは社会生活を送る上でかなりのものになります。旅行や転居などをする際にも裁判所の許可が要りますし、車や家のローンも組めなくなります。できれば自己破産まで行く前に、自分の力で借金を全額返済できるように努力しましょう。