カードローンを借り換えると金利が減る?

カードローンの借り換えをすると金利が減るかも知れません。

 

もしカードローンをいくつか利用していたなら、これらを一つのカードローン会社にまとめて借り換えるのです。そうすると金利が下がるかも知れないということなのです。どういうことでしょうか?もう少し詳しくみてみましょう。

 

例をあげてみます。

 

A社とB社の2社から借り入れをしていたとします。

 

そしてその借り入れ額がA社からは100万円、B社からは50万円だったとします。

 

それぞれ借入金額が違いますから、金利も利息制限法によって上限の金利が違ってきます。

 

借入額が10万円未満の場合の上限利率は20.00%

 

借入額が10〜100万円未満の場合の上限利率は18.00%

 

借入額が100万円以上の場合の上限利率は15.00%

 

これが利息制限法で決められている上限の金利です。

 

これに照らし合わせてみるとA社の利息は150,000円、B社の利息は90,000円となります。よって合計240,000円の利息がつくことになります。

 

では、ここでカードローンを一つの会社に借り換えるとどうなるでしょう?利息制限法によって金利が変わってきますから、改めて利息を計算してみましょう。

 

借り換えた場合の借り入れ合計額は100万円と50万円ですから150万円ですね。

 

よって利息は、150万円×15.00%=225000円となります。

 

どうですか?カードローンを一つの会社に借り換えをすると借入金額が同じでも利息は240000円から225000円になるのです。要するに返済額が15000円も少なくなるということですね。

 

今回は利息制限法で決められている上限の利息で計算してみましたが、この他にも、これ以上に低い金利を設定しているカードローン会社もたくさんあります。ですからもっと利息を減らせるかもしれませんよ。