銀行でカードローンの借り換えを利用するメリット

カードローンの借り換えは消費者金融のカードローンだけではなく銀行でもカードローンを提供している事があります。

 

銀行でカードローンの借り換えを利用する事で得る事の出来るメリットにはどのようなものがあるのか紹介します。

 

金利を抑える事が出来る

 

消費者金融での借り換えを同じように銀行でのカードローンの借り換えを利用する事でも金利を低く抑える事が出来るという魅力があります。

 

複数あったカードローンを1つにまとめる事で利息制限法により金利を低く抑える事が出来るので月々に同じ金額を返済したとしても結果的に支払い総額を少なくする事が出来るので金利での負担を減らす事が出来るようになっています。

 

総量規制対象外の銀行カードローン

 

銀行のカードローンの借り換えを利用する場合、銀行のカードローンは総量規制の対象外になるというメリットがあります。総量規制とは年収の3分の1以上は借入を利用する事が出来ない法律になりますが適用されるのは消費者金融からの借入になります。

 

消費者金融でのおまとめローンを利用する場合は限度額が高めに設定されている場合でも年収の3分の1以下しか利用する事が出来ません。しかし、銀行のカードローンは総量規制の対象外になっているので審査を通過する事が出来れば年収の3分の1以上の金額の借入を利用する事も出来ます。

 

悪徳業者には注意する

 

通常のカードローンの利用だけではなく、おまとめローンの利用でも悪徳業者は存在します。「他社より遥かにお得に借り換えが出来る!」や「大幅に利息を減らす事が出来る!」といった甘い言葉で利用者を募集している事もあります。

 

間違って悪徳業者を利用してしまうとお金を騙し取られるだけではなく大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。銀行のカードローン以外での借り換えを利用する場合は事前に会社を調べる事が必要になります。

 

銀行のカードローンには実績と信頼があるので銀行のカードローンを利用する事は安心して借り換えを利用する事が出来るというメリットもあります。